中年夫婦の35日間オーストラリア旅行記

安宿に泊まる

ACCOMMO1ACCOMMO2

[TOP][Site Map]

海外旅行の宿泊はホテル、と決めてかかっていたら、今回の旅は実現していなかっただろう。
「食事」の項でも書いたが、宿泊費は旅行費用の最大の支出項目。ABC分析で検討すれば、真っ先に削減の対象となる部分である。
トータル・コストを固定し、旅行の期間を最大に長期に持っていこうとすれば、食費と宿泊費を切り詰めるしかない。しかし、この項目は、『女性』である家内にすれば、旅行に期待するかなり大きな要素になるはずだ。
こうして、小生のオーストラリア宿泊事情の情報収集活動が始まった。(ちょっと、大袈裟???)

通っていたECCのレッスンの中で、Backpackers Hostel B&B という言葉は聞いたことがあったが、恥ずかしながらそれが実際にどんなものか分からない。Youth Hostel は、40年近く前学生時代に国内で体験したことはあったが……。

安宿の種類は? 価格は? 泊まり心地は? 予約はどうすれば? 旅行関係のホームページを巡って、宿泊施設 Accommodation の情報を漁り、人様の体験談を読むうちに、おぼろげながらオーストラリアの宿泊事情が見えてきた。
そうやって得た情報をもとに予算を設定し、最終的な旅行計画が完成。家内にその全容を話してめでたく実行の運びとなったわけである。

■オーストラリアの安宿

今回の旅で最高にお世話になった『地球の歩き方』オーストラリア版を抜粋すると、オーストラリアの安宿事情は次のとおり。

◆バックパッカーズ・ホステル Backpackers Hostel
バックパックを背負ってエコノミーな旅をする人に人気なのが、その名のとおりのバックパッカーズ・ホステル。主要な街の割と便利な場所にあって、料金も格安。世界各国からいろんな旅人が集まってくるので、旅の情報収集にも便利だ。
一般に、シャワー、トイレ、キッチンが共同で、部屋はドミトリー(4〜8人の相部屋)、シングル、ツインがある。宿泊料は、ドミトリーが1泊$12〜16、シングル$15〜35、ツイン$25〜45といったところ。
VIP会員には$1〜2の割引がある。ワーホリ君たちは、略して『バッパー』と呼ぶ。

◆ユース・ホステル Youth Hostel
世界中でバックパッカーズに愛用されている安宿の代表格。オーストラリア全土に、準加盟ホステルも合わせて150以上ある。
部屋は、基本的にドミトリー($10〜16)だが、最近はツインも増えてきた。
原則として会員しか宿泊できないので、旅の前に日本または現地のユース・ホステル協会で会員になっておくこと。

◆プライベート・ホテル Private Hotel
個人経営のこじんまりしたホテル。日本の民宿みたいなもの。トイレ、シャワーは共同の場合が多い。リビング・ルームで、宿の主人や泊り客との交流もできる。
朝食付きのところも多く、その場合はB&B Bed and Breakfast という。料金はB&Bシングル$30〜50、ツイン$35〜60.

◆モーテル Motel
車なしでも泊まれる。どちらかといえば、町の入り口や大きな道路沿いにある。ほとんどがツインで、シャワー、トイレ、TV、冷蔵庫付きが多く、場合によってはキッチン付きも。$40〜100。

◆バジェット・タイプ・ホテル Badget Type Hotel
パブとホテルが併設されたホテルで、数的にはオーストラリアで最も多い。1階がパブ、2階以上がホテルとなっている。夜遅くまで騒がしい難点はあるが、ロケーションの良さと値段の安さが魅力。
シングル$20から40、ツイン$30〜60。

◆コンドミニアム Condominium /ホリデイ・フラット Holiday Flat
1LDK、2LDKといった部屋割りで、1週間から2週間と比較的長期の滞在向き。部屋には家具や料理用具がすべて揃っている。リゾート地に多い。料金は、2人で1週間$300〜。

ACCOMMO1ACCOMMO2