中年夫婦の35日間オーストラリア旅行記

こぼれ話

 

[TOP][Site Map]

NEXT

オーストラリアのお金


オーストラリアでは、1788年の植民地宣言以来、イギリスと同様にポンド・シリングを通貨単位として使っていたが、1966年2月14日の連邦法改正により十進法通貨単位ドル・セントを採用した。
現在オーストラリアで流通している通貨は、5、10、20、50、100ドルの5種類の紙幣と、5、10、20、50セントそれに1ドル、2ドルの6種類のコインである。
以前流通していた1セントと2セントのコインは現在は使われなくなったため、5セント単位で切り上げまたは切り捨てされた金額を支払うことになる。

◆コイン

6種類のコインの表側には、ポンド・シリング時代と同様、すべて君主エリザベス2世の横顔が描かれ、そのコインが鋳造された年が刻印されている。
1966年に最初に鋳造された十進法コインの裏側には、オーストラリア固有の動物の絵が描かれたが、後に、有名な人物や出来事を記念したデザインも施されるようになった。

コイン・表コイン・裏


※裏の話
《別にコインにまつわる「ウラバナシ」ではない……。コインの裏に描かれている絵についての話である。》


さて、次はあの『プラスチック製の紙幣』の話である。

NEXT